利用の手引き

1. サービス運営者

東浦町(健康福祉部ふくし課(地域包括ケア推進係)

2. システム契約事業者

株式会社インターネットイニシアティブ(以下、「IIJ」とする)

3. 諮問機関

東浦町地域包括ケア推進会議 医療介護連携部会(ICTワーキンググループ)

4. 利用できる事業所

東浦町内の医療・介護提供事業所または町内患者の同意があった医療・介護提供事業所(町外含む)及び地域包括ケアに関連する事業所

5. 施設責任者

※「医療・介護おだいちゃんネットワーク」を利用する各事業所の責任者のことをいう。
例:院長、理事長、代表、管理者、サービス提供責任者など

6. 利用者

※「医療・介護おだいちゃんネットワーク」を利用する各事業所のスタッフのことをいう。
例:医師、歯科医師、薬剤師、看護師、保健師、医療ソーシャルワーカー、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、栄養士、介護支援専門員、介護士 相談員、事務員など

7. 共有できる情報

  1. 患者属性(氏名、住所、性別、生年月日)
  2. 患者の受診時や治療歴の情報
  3. 患者の処方内容
  4. 患者の検査データ
  5. 介護に関する情報(介護認定の有無、利用サービス内容 等)
  6. 各指示書(訪問看護師など)
  7. 各報告書(訪問看護師など)
  8. 地域包括ケアを推進する上で必要となるその他の情報

8. 役割

【東浦町役場ふくし課】

(1)「医療・介護おだいちゃんネットワーク」の運営
  1. ネットワークシステムが、適正かつ円滑に運営できるように契約事業者(IIJ)と連携をとり調整する。
  2. 「医療・介護おだいちゃんネットワーク」を利用する上での問題点、対応策を話し合うワーキンググループの事務局として、利用事業所と連携をとり、調整する。
  3. ユーザーIDの漏洩、不正アクセスなどが発生した場合は、当該利用者の了承なくユーザーIDの使用を一時停止する。
(2)登録申請の受付
  1. ① 説明者は「同意書」と「患者登録・支援チーム登録申請書」を町役場に提出する。
  2. ② 町役場は療養者の情報共有ページを作成し、支援チームを登録する。
(3)ポータルサイトサービスの管理

※掲載情報の管理をする

(4)臨時ワーキンググループの召集

※セキュリティ事故など発生した場合は、必要に応じて臨時にワーキンググループメンバーを召集し、事故防止対策を検討する。

(5)「医療・介護おだいちゃんネットワーク」同意書の保管、患者登録と支援チーム登録

【施設責任者】

(1)登録申請
  1. ポータルサイトから施設登録申請書を施設責任者を明示した上で利用申請を行う。オンライン、紙様式、FAX等提出方法は任意とする。
  2. ポータルサイトから「医療・介護おだいちゃんネットワーク」参加同意書をダウンロードし、東浦町役場ふくし課に紙様式で提出する。
  3. 東浦町役場ふくし課が登録申請書と参加同意書を確認した後に、「証明書取得用ナンバー」と「証明書取得用パスワード」を記載したメールを申請したメールアドレスに送信する。
(2)「電子証明書」のインストール

※使用する端末に、「証明書のインストール」を手順に従って行う。

(3)施設追加登録と証明書追加発行

※必要に応じ、施設責任者は利用者の新規登録や証明書追加発送を行う(操作マニュアル参照)

(4)患者への周知

※「医療・介護おだいちゃんネットワーク」で、多職種と患者情報の共有している旨を、事業所内に掲示するなど周知方法を考える。

(5)セキュリティ教育の実施

※使用する端末に、「証明書のインストール」を手順に従って行う。

(6)コンピューターウィルス対策

※自事業所のスタッフに対し、セキュリティ教育を年1回程度行う。

(2)「電子証明書」のインストール

※使用する全ての端末のコンピューターウィルスに対する維持管理をする。

(7)媒体・機器の管理
  1. 媒体の取扱いについては、各事業所で取り決めをして、利用、保管、廃棄をする。
  2. 機器の取扱いについては、各施設で一元的に管理をする。
(8)利用事業所の廃止届け

※使用する端末に、「証明書のインストール」を手順に従って行う。

(2)「電子証明書」のインストール

※「医療・介護おだいちゃんネットワーク」のネットワーク利用をやめるときは、ポータルサイトを使用してオンラインでサービス運用者に廃止の申請を行う。

【利用者】

※患者チーム内の情報のみ共有できる。

(1)ID・パスワードの管理

※自己責任において、患者の診療情報を取り扱っているということを念頭に置き、細心の注意を払って管理する。

(2)媒体・機器の管理責任

※移動可能な媒体、機器を取扱う時は、自己責任において情報漏洩や破損などないように管理する。

(3)機密保持の責任

※法令・条例・規約を遵守し、自己責任においてセキュリティ対策を講じ、機密保持をする。

(4)報告義務

※情報セキュリティ事故、システム上のトラブル発生時は、自己で解決を図ることなく、東浦町役場ふくし課に速やかに報告する。

    

9. 「医療・介護おだいちゃんネットワーク」の利用手順
(別紙「利用までの流れ」を参照)

(1)患者(家族)への説明と同意

※基本的にふくし課や高齢者相談支援センターが説明して同意を得る。
また、場合によってはかかりつけ医(医師・歯科医師)、ケアマネジャー、訪問看護師が説明して同意を得ることもできる。

  1. 「患者に「医療・介護おだいちゃんネットワーク」利用の説明と同意を得た人は、患者を支援している多職種に、「医療・介護おだいちゃんネットワーク」のネットワーク利用の参加を依頼する。
  2. かかりつけ医以外の職種が説明・同意を得た場合は、かかりつけ医にその旨を報告し、患者支援チーム編成の了解を得る。
(2)関連職種への参加依頼
  1. 「医療・介護おだいちゃんネットワーク」参加説明書・同意書を用いて、患者(家族)に説明し、同意を得る。
  2. 連絡は、下記のとおりに行う。
    ア かかりつけ医、役場ふくし課及び高齢者相談支援センターの場合
    (ア) 介護保険利用患者の場合は、ケアマネジャーに、医療保険利用者患者の場合は、訪問看護師に連絡する。
    (イ) かかりつけ医、役場ふくし課及び高齢者相談支援センターからの連絡を受けたケアマネジャー及び訪問看護師は、患者を支援している関係職種に連絡をする
    イ ケアマネジャー及び訪問看護師の場合
    (ア)支援している関係職種全員に連絡をする。
(3)役場ふくし課に同意書提出(同意書は患者と役場ふくし課が1枚ずつ保管する。)

患者(家族)に説明し同意を得た人は、役場ふくし課に患者の情報(氏名・住所・性別・生年月日)と支援チーム登録希望メンバーを連絡し、同意書を提出する。

(4)患者登録・支援チーム登録
  1. 患者登録をする。
    役場ふくし課は、患者等の登録をする。
  2. チームメンバーの登録をする。
    役場ふくし課は、参加する多職種を「患者支援チーム」に登録する。
(5)関係職種への周知

役場ふくし課より、「医療・介護おだいちゃんネットワーク」利用の「患者支援チーム」登録者に、患者登録完了の通知をする。

(6)支援チームによる情報共有の開始

必要に応じて、かかりつけ医(医師・歯科医師)、ケアマネジャー、訪問看護師により支援メンバーの追加・削除を行う

(7)削除

患者から、情報の削除依頼を受けた方は、かかりつけ医に報告後、役場ふくし課に連絡する。

【緊急連絡先】

システム上のトラブル
ポータルサイト サポート窓口から入力
※緊急に連絡がほしい場合は、"緊急"と入力する。