ここのーとの利用について

ネットワークに新規参加する手順

東三河ほいっぷネットワーク同意手順

はじめに

「電子@連絡帳」は医療・介護・福祉等の専門職が情報共有を図るためのツールとして、名古屋大学医学部附属病院 先端医療開発部 先端医療・臨床研究支援センター及び(株)インターネットイニシアティブの協力のもと、運用されています。また、高い情報セキュリティー対策も実施されており、関係省庁の法令・ガイドラインに沿った運用がなされています。

豊橋市では、平成25年度より試行的に運用を開始しており、電子証明書をインストールしたパソコン・スマートフォン等の機器があれば、利用することが可能です。加えて、患者様のご家族と医療・介護の専門職が情報共有を図るための機能である「ここのーと」も備えており、住み慣れた自宅での暮らしを希望する方を情報面からサポートしています。

愛知県発の「電子@連絡帳」は、県内はもとより、全国にも広がりつつあります。今後も、より良い医療と介護の連携を目指して取組みを進めてまいります。

東三河電子連絡帳協議会

お知らせ

電子@連絡帳

利用開始

利用には事前の利用者登録と利用証明書のインストールが必要です。施設登録から進めてください。既に施設を登録済みの場合は、施設管理者に利用者アカウントをご確認ください。既に登録されている方は、証明書の取得をしてください。

初回の証明書設定

証明書インストール手順

使用端末の追加方法