モバイルクリニック事業とは

医師の乗らない遠隔診療専用車両「INAヘルスモビリティ」

伊那市が推進するモバイルクリニック事業とは

モバイルクリニック事業とは、オンライン診療のための専用車両「INA Health Mobility」が、看護師と一緒に患者の自宅を訪問し、車内でビデオ通話を使用したオンライン診療を行う新しい医療提供の形態です。

オンライン診療の為の専用車両を開発

伊那市は、2019年4月、トヨタ・モビリティー基金の助成を受け、MONET Technologies株式会社、株式会社フィリップス・ジャパンなどの協力のもと、オンライン診療の為の専用車両「INA Health Mobility」を開発し2021年3月まで、実証試験を実施いたしました。
2021年4月より、地方創生推進交付金Society5.0タイプなどの国の補助を受け、新たに「モバイルクリニック事業」として本格運用を開始いたしました。

実施イメージ図

通院困難な患者に対しオンライン診療の実施をお手伝い

モバイルクリニック事業によるオンライン診療は、通院が困難な患者に対して、手軽にオンライン診療を提供いたします。自宅付近に車両が出向き、同乗している看護師によって、オンライン診療の実施を支援いたします。

対象患者:伊那市にお住まいで慢性疾患をお持ちの方
参画医療機関(2021年10月現在)

  • ・田中病院(伊那市下新田)
  • ・下條医院(伊那市手良野口)
  • ・神山内科医院(伊那市西町)
  • ・田畑内科医院(伊那市中央)
  • ・春日病院(伊那市中央)
  • ・下島医院(伊那市中央)


詳しくは参画医療機関、伊那市役所企画部企画政策課へお問い合わせください。

モバイルクリニック・いーな電子@連絡帳のお知らせ

電子@連絡帳

利用開始

利用には事前の利用者登録と利用証明書のインストールが必要です。施設登録から進めてください。既に施設を登録済みの場合は、施設管理者に利用者アカウントをご確認ください。既に登録されている方は、証明書の取得をしてください。

証明書インストール手順

初回の証明書設定