証明書のインストール手順 macOSの場合

macOSの場合

macOS Catalina v10.15.4でSafari 13.1を使用した手順を説明します。
異なるmacOSバージョンをご使用の場合は、画面や文言が異なることがあります。

1.事前準備

証明書をダウンロードするには、「証明書取得用No」と「証明書取得用パスワード」が必要です。
あらかじめ電子@連絡帳の管理メニューで証明書を発行し、お手元にご準備のうえインストールを行ってください。

2.証明書のインストール

  1. 電子@連絡帳ポータルサイトにアクセスします。
  2. 電子@連絡帳ポータルサイトで[初回の証明書設定]ボタンをクリックします。

    →「証明書ダウンロード」画面が表示されます。
  3. 「証明書取得用No」と「証明書取得用パスワード」を入力し、[ログイン]ボタンをクリックします。

    →「証明書のダウンロード」画面が表示されます。
  4. [ここを押すとダウンロードを開始します。]をクリックします。
    ※ダブルクリックしないよう注意してください。
  5. ダウンロードボタンをクリックします。
  6. ダウンロードした証明書ファイルをダブルクリックして開きます。

    →「パスワードを入力してください」と表示されます。
  7. 「証明書取得用パスワード」を入力し、[OK]ボタンをクリックします。

    →「キーチェーンアクセス」アプリが起動します。
    「キーチェーンアクセス」アプリが起動しない場合は、アプリケーションから起動してください。
  8. ダウンロードした証明書をダブルクリックします。
  9. [信頼]をクリックします。
  10. [この証明書を使用するとき]で[常に信頼]を選択します。
    初期表示では[システムデフォルトを使用]が選択されています。

    →すべての項目で[常に信頼]が選択されます。
  11. すべての項目で[常に信頼]が選択されていることを確認し、閉じるボタンをクリックします。

    →「証明書信頼設定に変更を加えようとしています。」と表示されます。
  12. PCの管理者のユーザー名とパスワードを入力し、[設定をアップデート]ボタンをクリックします。

    →これで、証明書のインストールは完了です。